• 本

オムライス日和 BAR追分

ハルキ文庫 い20−2

出版社名 角川春樹事務所
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-7584-3973-2
4-7584-3973-7
税込価格 562円
頁数・縦 229P 16cm

商品内容

要旨

有名電機メーカーに勤める菊池沙里は、大学時代にゼミで同期だった宇藤輝良と再会する。卒業して五年、宇藤は「ねこみち横丁振興会」の管理人をしながら、脚本家になる夢を追い続けているという。数日後、友人の結婚式の二次会後に、宇藤がよくいるというねこみち横丁のBAR追分に顔を出した沙里だったが…(「オムライス日和」より)。昼はバールで夜はバー―二つの顔を持つBAR追分で繰り広げられる人間ドラマが温かく胸に沁みる人気シリーズ、書き下ろしで贈る待望の第二弾。

おすすめコメント

「ほくほく」な料理と「ほろり」の人間ドラマが心のコリによく効きます。

著者紹介

伊吹 有喜 (イブキ ユキ)  
三重県生まれ。中央大学法学部卒。2008年『風待ちのひと』(「夏の終わりのトラヴィアータ」より改題)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)