• 本

「大大阪」時代を築いた男 評伝・関一〈第7代目大阪市長〉

出版社名 公人の友社
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-87555-679-4
4-87555-679-9
税込価格 2,808円
頁数・縦 307P 20cm

商品内容

要旨

大阪には「大大阪」時代と呼ばれた時代があった。その時、大阪には理論と実践を兼ね備えた市長がいた。自らの信念を貫き、大阪の近代化に尽くし“大阪の父”と慕われた関一の足跡を追う。

目次

第1章 グランドデザインを描けた学者市長、関一
第2章 新進気鋭の花形教授に就任
第3章 池上市長から筆頭助役就任の要請
第4章 「池上市長なくして関市長はない」
第5章 東の後藤新平、西の関一と並び称される
第6章 「特別市制」の実現を目指し運動
第7章 大大阪の恩人、信念に殉ず
補章(『スーパー指定都市』の提言を
“第2の東京”を目指すのでなく、大阪の『都市格』を大切に
“大阪の父”関一の都市行政の思想を現代に)

著者紹介

大山 勝男 (オオヤマ カツオ)  
1953年12月、神戸市生まれ。夕刊紙、地方紙を経て現在、週刊大阪日日新聞(大阪日日新聞)記者。ノンフィクションライター。週刊金曜日の誌上で「泉芳朗の闘い〜奄美復帰運動の父〜」(第十二回週刊金曜日ルポルタージュ大賞佳作)、「教科書密輸事件〜アメリカ占領下の奄美教育秘史〜」(第十三回・同)を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)