• 本

ジャズメン、ジャズを聴く スイングジャーナル連載“アイ・ラヴ・ジャズ・テスト”傑作選

出版社名 シンコーミュージック・エンタテイメント
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-401-64266-3
4-401-64266-X
税込価格 2,200円
頁数・縦 311P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ジャズ専門誌「スイングジャーナル」の人気企画だった“アイ・ラヴ・ジャズ・テスト”。多くの来日ジャズ・ミュージシャンが、他のプレイヤーの演奏を聴き、本音で論評し、また自らのジャズについても語った。古株のジャズメンの思い出話からは、ジャズ史に輝くジャイアンツの真の姿も浮かび上がる。ジャジーな傑作厳選42本!

目次

フレディハバード
ジミー・スミス
カーラ・ブレイ
ケニー・ドリュー
ジョン・ルイス
タル・ファーロウ
チック・コリア
ウイントン・マルサリス
ホレス・シルヴァー
マル・ウォルドロン〔ほか〕

おすすめコメント

あ、この曲は……!?名曲論議から広がる、ジャズメンたちのリアルな姿─ ジャズ専門誌「スイングジャーナル」で20年近く続いた人気連載が一冊の本に!ジャズ評論家・小川隆夫が、かつて「スイングジャーナル」誌で184回にわたって連載した「I Love Jazz Test」から厳選してまとめた一冊。来日した有名ジャズ・ミュージシャンに、曲名やプレイヤーを知らせずにジャズ演奏を聴かせ(ブラインドフォールド・テスト)、それをきっかけに、その演奏やプレイヤーについて、あれこれ話を聞くというもの。インタビュアーの小川が米国

著者紹介

小川 隆夫 (オガワ タカオ)  
1950年東京生まれ。音楽ジャーナリスト、整形外科医。77年東京医科大学卒業。81〜83年、ニューヨーク大学大学院留学。留学中に、アート・ブレイキー、ギル・エヴァンス、デクスター・ゴードン、ウイントン・マルサリスなどのミュージシャンや、マックス・ゴードン(「ヴィレッジ・ヴァンガード」オーナー)、マイケル・カスクーナ(プロデューサー)といったジャズ関係者の知己を得る。帰国後ジャズを中心とした原稿の執筆、インタビュー、翻訳、イヴェント・プロデュースなどを開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)