• 本

地元の小さな会社から「稼ぐ力」を掘り起こすワンストップ・コンサルティングの実践

出版社名 同友館
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-496-05185-2
4-496-05185-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 197P 19cm

商品内容

要旨

毎日、朝早くから相談者がやってくる、富士市産業支援センター「f‐Biz(エフビズ)」その功績は、政府が設置した全国の中小企業支援センター「よろず支援拠点」のモデルとなった。小出宗昭センター長が語る、f‐Biz流企業支援ノウハウのすべて。この実践で、地域経済はかならず、生きかえる!

目次

第1章 地域金融機関が地域経済を救う!企業側のニーズに合わない「的外れ」な取組みをしないために(日本経済再生の最大のカギ
公的支援機関は宝の持ち腐れ ほか)
第2章 コンサルティング業は、サービス業。「結果」を出し続ける支援者の資質(年間4000件の支援を行うf‐Biz
なぜ成果を出し続けられるのか ほか)
第3章 行列のできる支援拠点になる!小出流 創業・経営支援ノウハウ(よりきめ細かいサポートが求められる創業支援
情熱の継続が起業を成功させる ほか)
第4章 信頼されるコンサルタントがやっている情報のつかみ方・使い方・活かし方(ビジネスセンスは「情報力」
トレンドの本質をつかむ ほか)
第5章 「地方創生」実現のカギはここにあり。事例で振りかえる支援プロセス集(イチゴイチエ石神農園―既存商品のセールスポイントをつかみ、ブランディングまでサポート
マルミヤ食品―ニーズを掘り当て、「弱点」を「強み」に変えるコンサルティングとは? ほか)

著者紹介

小出 宗昭 (コイデ ムネアキ)  
企業支援家/株式会社イドム代表取締役。59年生まれ。法政大学経営学部卒業後、(株)静岡銀行に入行。M&A担当などを経て、01年創業支援施設SOHOしずおかへ出向、インキュベーションマネージャーに就任。起業家の創出と地域産業活性化に向けた支援活動が高く評価され、Japan Venture Award 2005(主催:中小企業庁)経済産業大臣表彰を受賞、企業支援の可能性に目覚める。08年静岡銀行を退職し独立、(株)イドムを創業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)