• 本

論文・プレゼンの科学 読ませる論文・卒論聴かせるプレゼン優れたアイディア伝わる英語の公式

増補改訂版

出版社名 アドスリー
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-904419-59-5
4-904419-59-6
税込価格 1,650円
頁数・縦 209P 21cm
シリーズ名 論文・プレゼンの科学

商品内容

目次

第1部 論文の科学―何行目まで読んでもらえるかが勝負(作文は理科である
語りかけるように書く ほか)
第2部 プレゼンの科学―聴衆のために聴衆に話す(誰に話すのか?
初めての学会発表:プログラムを解読する ほか)
第3部 論文・プレゼンの科学 中級編(学術論文を書こう(まず雑誌選びから)
論文のスタイルを読み解く(投稿ガイドラインに従う) ほか)
第4部 アイディアの科学(アイディア創造力を鍛える論文の読み方
まねからサイエンスは生まれない ほか)
第5部 英語の科学―発音は下手でも通じる(語学は努力ではなく、科学である
5分間の丸暗記 ほか)

おすすめコメント

大学の研究室で理工系の学生を指導する著者が、初心者向けに、苦労や努力をせずに「論文」を書く方法、失敗せず恥をかかずに「プレゼン」ができる方法を伝授。楽して英語が上手になる方法も紹介します。増補改訂で、さらによい論文を書くため、よいプレゼンをするためのステップアップ「中級編」を、さらに独創的なアイディアを生むためのヒント「アイディアの科学」を加えました。

著者紹介

河田 聡 (カワタ サトシ)  
大阪大学特別教授、理化学研究所名誉研究員。1974年大阪大学応用物理学科卒業・79年同大学院博士課程修了、工学博士。カリフォルニア大学アーバイン校研究助手、大阪大学助手、助教授を経て、1993年より同教授(応用物理学専攻、生命機能研究科)、2013年より特別教授。2002年〜12年理化学研究所主任研究員、2015年まで同チームリーダー兼務。阪大フロンティア研究機構長、阪大フォトニクスセンター長等を歴任。専門はナノフォトニクス。2003年ナノフォトン株式会社創業・取締役会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)