• 本

陸前高田から世界を変えていく 元国連職員が伝える3・11

出版社名 潮出版社
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-267-02047-6
4-267-02047-7
税込価格 1,620円
頁数・縦 222P 19cm

商品内容

要旨

パーマ屋さんの息子から国連職員へ。そして運命の3・11―故郷の復興に立ち上がった人道支援のエキスパートが綴る、半生と今後の展望。

目次

第1章 陸前高田
第2章 サンフランシスコ大学
第3章 緒方貞子さんのもとへ
第4章 UNHCRで叩き込まれたこと
第5章 運命の日
第6章 AidTAKATAを立ち上げる
第7章 いかにして世界に伝えるか
第8章 足元から世界を変えていく
特別対談 陸前高田を日本一美しい街に―戸羽太×村上清

著者紹介

村上 清 (ムラカミ キヨシ)  
1959年岩手県陸前高田市生まれ。県立大船渡高校卒業後、サンフランシスコ大学に進学。卒業後、在米日本大使館、シティバンクなど経て、2000年にUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)人事研修部長に就任。9.11後のアフガン空爆、イラク戦争、ユーゴスラビア紛争の際には、難民支援に奔走。その後ゴールドマンサックス、ドイツ銀行を経て、BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン社アジア太平洋地域人事部長。2011年3月、東日本大震災直後に在京の同市出身者とともにAidTAKATAを設立。青山学院大学でMBA取得。岩手大学客員教授。陸前高田市市政アドバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)