• 本

本所おけら長屋 6

PHP文芸文庫 は3−7

出版社名 PHP研究所
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-569-76499-3
4-569-76499-1
税込価格 682円
頁数・縦 296P 15cm
シリーズ名 本所おけら長屋

商品内容

要旨

本所亀沢町にあるおけら長屋は、今日も騒がしい。密かにお染のあとをつける大工の又造。その意外な理由とは。花見で浮かれる長屋の連中をよそに、一人沈む万造。ひょんなことから五十年前の真実が明らかに。八百屋の金太に嫁取りの話が!?お糸と文七の祝言が近づく長屋のあちこちで難事が発生。折しも流行病が西方から江戸へ、そして本所にも…。笑って泣ける大人気連作時代小説、シリーズ第六弾。

おすすめコメント

江戸は下町、本所おけら長屋。住人の文七とお糸の祝言が間近に迫るなか、西方より流行病が……。風雲急を告げる急展開の第六巻。

著者紹介

畠山 健二 (ハタケヤマ ケンジ)  
1957年、東京都目黒区生まれ。墨田区本所育ち。演芸の台本執筆や演出、週刊誌のコラム連載、ものかき塾での講師まで精力的に活動する。日本文芸家クラブ会員。2012年、『スプラッシュマンション』(PHP研究所)で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)