• 本

マルチメディアを考える

出版社名 武蔵野美術大学出版局
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-86463-051-1
4-86463-051-8
税込価格 1,296円
頁数・縦 93P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

マルチメディアとは?ソーシャルメディアとは?基本的事項の定義を押さえ、その歴史を繙いていこう。そこで今の自分の立ち位置を確認し、さあ、こんどは「人々の生活を豊かにするために」デザイナーは、何をすべきだろう。デザインとテクノロジーを考える。

目次

第1章 コンピュータが広がっていく時代(マルチメディアとは
マルチメディアのはじまり
デジタルデータの恩恵 ほか)
第2章 コンピュータが消えていく時代(ソーシャルメディアとは
ソーシャルメディアのはじまり
増大する情報の量と速度 ほか)
第3章 存在感なきコンピュータの時代(手のひらの中のコンピュータ
津波防災ウェブサービス「ココクル?」
ケーブルからの解放 ほか)

おすすめコメント

コンピュータが机上から消え エンドユーザーがものづくりをする時代 デザイナーに求められるものとは? マルチメディアとは? ソーシャルメディアとは? 基本的事項の定義を押さえ、その歴史を繙いていこう。そこで今の自分の立ち位置を確認し、さあ、こんどは「人々の生活を豊かにするために」デザイナーは、何をすべきだろう。テクノロジーの発達によりエンドユーザーが発信者となり、ものづくりをするようになった時代にあって、デザイナーはその指南役でもある。テクノロジーとデザイナーの関わりから、これからのデザインを考える。