• 本

キャッチ=22 上

新版

ハヤカワepi文庫 83

出版社名 早川書房
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-15-120083-0
4-15-120083-5
税込価格 1,298円
頁数・縦 446P 16cm
シリーズ名 キャッチ=22

商品内容

要旨

第二次世界大戦末期。中部イタリアのピアノーサ島にあるアメリカ空軍基地に所属するヨッサリアン大尉の願いはただ一つ、生きのびることだ。仮病を使って入院したり、狂気を装って戦闘任務の遂行不能を訴えたり、なんとかして出撃を免れようとする。しかしそのたびに巧妙な仕組みをもつ恐るべき軍規、キャッチ=22に阻まれるのだった。強烈なブラック・ユーモアで、戦争の狂気や現代社会の不条理を鋭く風刺する傑作小説。

おすすめコメント

強烈なブラック・ユーモアと不条理で戦争を描いたアメリカ文学の傑作!解説/松田青子

著者紹介

ヘラー,ジョーゼフ (ヘラー,ジョーゼフ)   Heller,Joseph
1923年、ニューヨーク生まれ。第二次世界大戦中はアメリカ陸軍航空隊に所属、イタリアに出征している。終戦後はライターをしながら“エスクァイア”誌などに短篇小説を寄稿。8年を費やして書き上げた『キャッチ=22』(1961)は批評家から絶賛された。アメリカ文学の新たな地平を切り開いた書とも言われ、現在も全世界で熱烈な読者をもち、2005年に“タイム”誌により1923年以降の英語の現代小説ベスト100に選ばれた。長篇以外にも、戯曲、自伝などを執筆している。1999年没
飛田 茂雄 (トビタ シゲオ)  
1927年生、2002年没、早稲田大学大学院博士課程修了、中央大学名誉教授、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)