• 本

日中漢字文化をいかした漢字・語彙指導法 「覚える」から「考える」へ

早稲田大学学術叢書 47

出版社名 早稲田大学出版部
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-657-16703-3
4-657-16703-0
税込価格 5,500円
頁数・縦 398P 22cm

商品内容

目次

第1章 戦後日本における漢字政策
第2章 戦後日本における漢字教育政策の変遷
第3章 戦後日本における漢字指導の基本スタイル
第4章 戦後日本における様々な漢字指導法
第5章 漢字・語彙指導の今日的課題と新たな可能性
第6章 オノマトペの日中比較を通した漢字・語彙指導
第7章 日中漢字訳語の対比を通した漢字・語彙指導
第8章 「同訓異字」の共通根源イメージに着目した漢字・語彙指導
第9章 「同義反復熟語」を用いた漢字語彙指導
第10章 「反義複合語」を用いた漢字・語彙指導
第11章 「漢字樹」を用いた総合的な漢字・語彙指導

出版社・メーカーコメント

携帯電話やパソコンなどの普及に伴って、漢字を手書きする機会が減っている今日、「漢字を書けない」「漢字やことばを考えない」生徒が増えている。にもかかわらず、教育現場では依然として漢字の読み書き指導に重点を置き、ドリル的な漢字指導や字形中心の指導が主流を占めている。ドリル的な漢字練習によって漢字に苦手意識をもつ生徒が多く生み出され、漢字嫌いや漢字離れに拍車をかけている。生徒に漢字やことばの面白さに気づかせるにはどうすればよいか。日中漢字文化の融合・発展過程で生じた様々な要素を生かし、生徒に漢字・語彙に興味・関心を喚起させるための6つの指導法を提案する。

著者紹介

李 軍 (リ ジュン)  
中国・瀋陽市出身。2007年3月、福岡教育大学大学院修士課程修了。2013年3月、早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程修了、博士(教育学)。2011〜2012年度、早稲田大学教育・総合科学学術院助手。現在、早稲田大学、学習院大学、国際基督教大学非常勤講師。専攻は国語科教育学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)