• 本

天(あめ)と地(つち)の方程式 3

出版社名 講談社
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-06-219945-2
4-06-219945-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 285P 20cm
シリーズ名 天(あめ)と地(つち)の方程式

商品内容

要旨

ついに七柱目のカンナギを見つけだした田代有礼たちだったが、その直後、岡倉ひかるが影の大蛇にのみこまれる。勢いを増す、黄泉ツ神。はたして田代有礼たちは、地の底に通じる天ツ扉を開け、黄泉ツ神を封じ、この地を未曾有の災いから救うことができるのか。黄泉ツ神の予兆、天ツ神の先触れ。天と地が揺れるなか、カンナギたちが、新たな神話を紡ぐ。物語は大団円へ。古事記を下敷きにした、学園異能ファンタジー最終巻!

おすすめコメント

天ツ神の指令を受け取るのは君たちの役目なんだよ。よく耳を澄ませ、目を凝らせ。神の言葉を聞きのがすな。――予兆が起こり、間もなく黄泉ツ繭が破れるとイナミが告げる。破れれば大量の黄泉ツ神がこの世にあふれ出し、この地を未曾有の災いが襲うという。はたして、アレイたちは天ツ神の計画をつかみ、黄泉ツ神を封じることができるのか。古事記を下敷きにした、学園異能ファンタジーの第3巻!

著者紹介

富安 陽子 (トミヤス ヨウコ)  
東京都生まれ。和光大学人文学部卒業。25歳でデビューし、1991年『クヌギ林のザワザワ荘』で日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、1997年「小さなスズナ姫」シリーズで新美南吉児童文学賞、2001年『空へつづく神話』で産経児童出版文化賞を受賞。『やまんば山のモッコたち』がIBBYオナーリスト2002文学作品に選出される。『盆まねき』で2011年、第49回野間児童文芸賞、2012年、第59回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)