• 本

「おたく」の精神史 一九八〇年代論

星海社新書 78

出版社名 星海社
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-06-138579-5
4-06-138579-8
税込価格 1,512円
頁数・縦 489P 18cm

商品内容

要旨

「オタク」が「おたく」とひらがなで表記されていた一九八〇年代。『漫画ブリッコ』が創刊し、岡崎京子がデビューし、ニューアカがもてはやされた。岡田有希子が自死を選び、オウムが設立され、手塚治虫と昭和天皇がこの世を去った。そして、あの宮崎勤が現れた―。八〇年代「おたく」文化の内部を「おたく第一世代」の編集者として生きた大塚英志にしか語れない、“いま”立ち返るべき私的「おたく」論。序章「見えない文化大革命」、終章「二〇一五年の『おたく』論」を書き下ろし、待望の復刊。

目次

第1部 「おたく」と「新人類」の闘争(「おたく」の誕生
「新人類」とは何であったのか ほか)
第2部 少女フェミニズムとその隘路(岡田有希子と「身体なき」アイドル
黒木香とピンクハウス ほか)
第3部 物語消費の時代(ディズニーランドと現実化する虚構
収集する主体 ほか)
第4部 九〇年代のなかの八〇年代(湾岸戦争と「文学者」たち
漂流する人々 ほか)

おすすめコメント

「おたく」はいかにして形成されていったのか――! 大塚英志だからこそ書けるとっておきの80年代論、待望の復刊。

著者紹介

大塚 英志 (オオツカ エイジ)  
まんが原作者・批評家。1958年東京都生まれ。筑波大学卒。80年代を徳間書店、白夜書房、角川書店で編集者として活動。「コミックウォーカー」内に自腹で自主制作サイト「大塚英志漫画」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)