• 本

かんこうさんがふってきて

出版社名 くもん出版
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-7743-2488-3
4-7743-2488-4
税込価格 1,650円
頁数・縦 〔40P〕 26×26cm

商品内容

要旨

いじめられっこのとしおのところに、どしゃぶりのあめといっしょに、かみなりさんがふってきた。そのしょうたいは、うらみでおににすがたをかえた、かんこうさんこと、すがわらのみちざねだった!絵本作家・たじまゆきひこの指導のもと大阪市立豊崎小学校の155人の子どもたちが元気いっぱい描いた絵本。怒りや苦しみは、どうしたら消えるの?子どもたちが出した答えとは…。

著者紹介

たじま ゆきひこ (タジマ ユキヒコ)  
田島征彦。1940年、大阪府堺市に生まれる。絵本に『祗園祭』(第6回世界絵本原画展金牌受賞)、『じごくのそうべえ』(第1回絵本にっぽん賞受賞)(以上いずれも童心社)、『てんにのぼったなまず』(第11回世界絵本原画展金牌受賞/復刊ドットコム)、『ふしぎなともだち』(第20回日本絵本賞大賞受賞/くもん出版)など多数
うちべ けいこ (ウチベ ケイコ)  
内部恵子。1951年、大阪市に生まれる。大阪市小学校教諭を40年勤めて退職。日本演劇教育連盟全国委員、大阪朗読研究会主宰、児童美術研究会所属。子ども主体の表現活動に関わる実践を続けている。1995年朗読実践で「演劇教育賞」、2008年美術館鑑賞教育実践で「大阪市教育論文賞」受賞。2005年文科省の「科学研究費補助金基盤研究」で、2012年文化庁の「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」に関わる。退職後も大阪府下の小学校・幼稚園で美術館鑑賞や造形表現、群読・朗読劇・演劇表現の実技研修講師等を勤める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)