• 本

物語戦略

出版社名 日経BP社
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-8222-5143-7
4-8222-5143-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 213P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

逆転・進出・生き残り。物語をテコにする。シンボリック・ストーリーを武器にする会社の戦い方とは?

目次

第1章 伝説の物語―企業の見え方を変える力
第2章 シンボリック・ストーリー―情報化社会における経営資源
第3章 物語を武器にする会社―逆転・進出・生き残りをかけた戦い
第4章 マネのできないビジネスモデルを描く―物語戦略の構築
第5章 地上の星はどこにあるか―シンボリック・ストーリーを探す視点
第6章 物語のマネジメント―組織を強くする仕組みをつくる

おすすめコメント

ルイヴィトン、パタゴニア、タニタ、近畿大学、PING、玉子屋など、「物語を武器にする会社」の戦い方を明らかにする。消費者の選択に決定的なインパクトをもたらすストーリーを核に、マネのできないビジネスモデルを創りだす。その事例と理論。

著者紹介

内田 和成 (ウチダ カズナリ)  
早稲田大学ビジネススクール教授。東京大学工学部卒業。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。日本航空を経て、1985年ボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。2000年6月から2004年12月までBCG日本代表を務める。2006年には「世界で最も有力なコンサルタントのトップ25人」(米コンサルティング・マガジン)に選出された。2006年から現職。競争戦略やリーダーシップ論を担当するほか、エグゼクティブ・プログラムでの講義や企業のリーダーシップトレーニングも行う
岩井 琢磨 (イワイ タクマ)  
コミュニケーション戦略プランナー。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了(MBA)。広告会社に入社後、インストア・プランナー、クリエイティブ・ディレクター、ブランドコンサルタントなどを経て現職。製造業、流通サービス業界を中心に、企業ブランド戦略および企業コミュニケーション戦略の策定・実行支援のプロジェクトを数多く手がけている。日本マーケティング学会会員・マーケティングサロン委員、日本広報学会会員
牧口 松二 (マキグチ ショウジ)  
マーケティング・ディレクター。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了(MBA)。広告会社に入社後、ブランドコンサルティング会社の創立メンバーに加わり執行役員に就任。その後現職。製造業、流通業、店舗型サービス業界を中心に、事業戦略、ブランド戦略の策定・実行支援、サービスクオリティマネジメントなどのプロジェクトを数多く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)