• 本

ヤンキーの虎 新・ジモト経済の支配者たち

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-492-39618-6
4-492-39618-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 192P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

日本では人口減少、少子高齢化が進み、とくに地方の衰退が大きな社会問題としてクローズアップされている。だが一方で、地方に根を張り、多角的な事業を展開し、成功している経営者が多数存在するという。ファンドマネジャーとして活躍する本書の著者は、仕事でさまざまな地域を訪れる中で、そうした地方の成功者たちがいることを知り、彼らを「ヤンキーの虎」と名づけた。本書では、その「ヤンキーの虎」たちの実像に迫り、成功したビジネス手法を分析。さらに、彼らの躍進が地方経済の未来にどのような影響を及ぼすか等について論じている。著者はレオス・キャピタルワークス代表取締役社長・最高投資責任者。ベンチャーキャピタリストとしても実績を上げている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2016年05月27日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

地方経済の主役交代。いま地方経済を支える新・起業家たちの実態、ビジネス手法。

目次

序章 知られざる成長ビジネスが地方にある―ジモト経済を席巻する「ヤンキーの虎」
第1章 「ヤンキーの虎」はなぜ生まれたか―小泉改革、IT革命の功罪
第2章 「ヤンキーの虎」の実像に迫る―その生態、価値観から嗜好性まで
第3章 「ヤンキーの虎」のビジネス手法―なぜ強いのか、投資家の視点で分析
第4章 「ヤンキーの虎」と地方の未来はどうなるか?―政府の経済政策が大きく変わり始めている
第5章 「地方創生」に向けた私の取り組み

おすすめコメント

地方経済の主役交代が始まった! 地方経済を支える新・起業家たちの実態、ビジネス手法を紹介する。「ヤンキーの虎」とは、どのような人たちなのでしょうか。一言で言いますと、次のような人や企業のことです。「地方を本拠地にしていて、地方でミニコングロマリット(様々な業種・業務に参入している企業体)化している、地方土着の企業。あるいは起業家」 これがヤンキーの虎の位置付けです。「地方豪族」と言ってもよいかもしれません。彼らが最も好むのは、「シンプルで、でっかく儲けられそうなもの」。それほど複雑なビジネスモデルではありません。とにかく儲けられそうだと思ったら、すぐに始める瞬発力と柔軟さを持っているのです。(中略)安倍内閣は、「地方創生」を日本再興戦略の一つの柱に据えました。また、前岩手県知事を務めた増田寛也氏の著書『地方消滅』(中公新書)はベストセラーとなりました。そういった意味では、今、地方にスポットライトが当たっています。そして、そのような地方創生の立役者となるのは、間違いなく「ヤンキーの虎」だと思います。ただ、彼らが地方経済の救世主となるのか、あるいは悪魔となるのかは分かりません。実際、ヤンキーの虎にも色々な人がいて、自分の金儲けだけに熱心な人もいれば、地方経済のことまで考えている人まで、幅広いのです。いずれにしろ、彼らに稼ぐ能力があることに対してはリスペクトしたいと私は考えています。

出版社・メーカーコメント

ベンチャー投資家の視点から、地方経済を支える多彩な起業家たちの実態、ビジネス手法を紹介する。

著者紹介

藤野 英人 (フジノ ヒデト)  
レオス・キャピタルワークス代表取締役社長・最高投資責任者。1966年、富山県生まれ。90年早稲田大学法学部を卒業。野村投資顧問(現野村アセット・マネジメント)を経て、96年ジャーディン・フレミング投信・投資顧問(現JPモルガン・アセット・マネジメント)に入社。2003年4月レオス・キャピタルワークスを創業。現在、運用している「ひふみ投信」はR&Iファンド大賞国内株式部門で4年連続入賞。ベンチャーキャピタリストでもあり、自身が創業して投資をしたウォーターダイレクトは上場を成功して、現在は同社の取締役。日本取引所のJPXアカデミーフェローも務める。明治大学商学部兼任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)