• 本

ニュースで学べない日本経済

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-04-601608-9
4-04-601608-6
税込価格 1,650円
頁数・縦 269P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

待望の“超最新”経済論。激変する日本・世界を「大前視点」で斬る。

目次

序章 今求められる教養は「本質を見抜く力」
第1章 世界と日本経済の「3大リスク」
第2章 好調経済国家・地域に注目せよ
第3章 染色体が異なる21世紀の企業たち
第4章 日本経済「低欲望社会」をどう生きるか?
第5章 迫りくる危機にどう立ち向かうか?

おすすめコメント

これが「大前視点」から見た、日本・世界の「現実」だ! ニュースやネットの情報で満足できない人のための「本質」がわかる1冊!! 【Contents】 ■序章 今求められる教養は「本質を見抜く力」 ・ 疑問を持ち、調べ、質問する能力を身につけよ ・ 「沈みゆく船」から自らの意思で脱出できるか ほか ■第1章 世界と日本経済の「3大リスク」 ・ 【リスク1 中国経済の減速】中国の「第13次5カ年計画」は、すべて絵に描いた餅である ・ 【リスク2 アメリカの利上げ】アメリカの一極繁栄がもたらす世界不安 ・ 【リスク3 地政学リスク】荒稼ぎするISとテロの拡大、ロシア軍事作戦公開の思惑 ほか ■第2章 好調経済国家・地域に注目せよ ・ 企業の勝ち目は「人口ボーナス期」の国にあり ・ 成長著しいメキシコとフィリピンを見逃していないか? ・ 「ホームレスマネー」が流れる場所に勝機あり ほか ■第3章 染色体が異なる21世紀の企業たち ・ グローバル企業のM&Aと節税対策の実態 ・ 日本の法人税率は90%にしなさい ・ 成熟時代のビジネスモデル「アイドルエコノミー」 ■第4章 日本経済「低欲望社会」をどう生きるか? ・ 日経新聞を読むと世界が見えなくなる ・ 国民よ、日本経済を駄目にした「彼ら」にもっと怒れ! ・ 企業は「やけっぱち消費」の金を有効活用せよ ほか ■第5章 迫りくる危機にどう立ち向かうか? ・優秀な人材は世界から「一本釣り」せよ ・自分の頭で考えよ。地方、企業、個人は国を相手にするな! ・自分なりのシナリオを描け! 大前研一からの宿題 ほか

出版社・メーカーコメント

米国の「染色体が違う」企業、低欲望社会日本、地政学リスク…迫り来る危機のなかで私たちが生き残る道とは?ここでしか読めない!!大前研一が、独自に分析したデータをもとに大胆に語る新しい「経済原論」。

著者紹介

大前 研一 (オオマエ ケンイチ)  
株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長。ビジネス・ブレークスルー大学学長。1943年、福岡県若松市(現北九州市若松区)生まれ。早稲田大学理工学部卒業。東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。経営コンサルティング会社マッキンゼー&カンパニー日本社長、本社ディレクター、常務会メンバー、アジア太平洋地区会長等を歴任。94年退社。96〜97年スタンフォード大学客員教授。97年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院公共政策学部教授に就任。現在、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長。オーストラリアのボンド大学の評議員(Trustee)兼教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)