• 本

仏教とカウンセリングの意義 悩みに対する宗教的・心理的アプローチ

龍谷大学仏教文化研究叢書 34

出版社名 自照社出版
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-86566-025-8
4-86566-025-9
税込価格 5,060円
頁数・縦 295P 22cm

商品内容

要旨

現代人が抱く多種多様な心の問題にどのように対応していくのか。宗教的アプローチと心理的アプローチに分けて、悩みの解決をめざすカウンセリングの手法について、心理学的な歴史や展開、理論と実践を多角的な視点で論述する。

目次

第1章 人と悩み(悩みの分類)
第2章 救いの仏教(死の解決)
第3章 癒しのカウンセリング(心理学の歩み
臨床心理学の発展
心理療法
カウンセリングの展開)
第4章 仏教とカウンセリングの接点(心理学における宗教性
ビハーラの歴史
ターミナルケアにおけるビハーラ活動
グリーフケアにおける仏教とカウンセリング)

著者紹介

友久 久雄 (トモヒサ ヒサオ)  
1942年生まれ。神戸大学大学院医学研究科博士課程修了。精神科・医学博士。龍谷大学客員教授。京都大学病院医師。京都教育大学名誉教授
吉川 悟 (ヨシカワ サトル)  
1958年生まれ。和光大学人文学部人間関係学科卒業。現在、龍谷大学文学部教授。元システムズアプローチ研究所を主催し、家族療法やグリーフセラピーの実践と研修を行ってきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)