• 本

垂直の声 プロソポペイア試論

出版社名 水声社
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-8010-0163-3
4-8010-0163-7
税込価格 5,184円
頁数・縦 372P 22cm

商品内容

要旨

アウグスティヌス、プラトンから、サロート、ベケット、ブランショ、デリダまで。レトリックの一つ、プロソポペイアに光を当てた、詩学も軸にすえた独自の方法論による、修辞学の脱構築!国際哲学コレージュで院長をつとめた著者が、不在のものの「声」という、“思考のフィギュール”に迫る!

目次

第1章 声のための比喩形象
第2章 他なる声
第3章 見せかけの声、本気の声
第4章 近い声、遠い声
第5章 垂直の声

著者紹介

クレマン,ブリュノ (クレマン,ブリュノ)   Cl´ement,Bruno
1952年に生まれる。国際哲学コレージュの院長を務めたのち、現在、パリ第八大学教授、パリ‐リュミエール大学教授。専攻、文学および哲学
郷原 佳以 (ゴウハラ カイ)  
1975年に生まれる。パリ第七大学大学院博士課程修了。博士(文学)。現在、東京大学大学院総合文化研究科准教授。専攻、フランス文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)