• 本

古代飛鳥を歩く カラー版

中公新書 2371

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-12-102371-1
4-12-102371-4
税込価格 1,080円
頁数・縦 177P 18cm

商品内容

要旨

六〜七世紀の飛鳥時代は危機と動乱の時代であった。仏教伝来、蘇我氏の台頭と聖徳太子の理想、斉明女帝の大公共工事、大化改新、壬申の乱、そして平城京遷都…。飛鳥を散策すれば、当時の人々の息吹を感じとることができる。現代に生きる私たちとの「近さ」に驚くことだろう。蘇我氏や息長氏などの豪族の足跡、道教や神まつりの痕跡、都城、寺院や古墳などを訪ね、76の章で日本の原風景である古代飛鳥へ読者をいざなう。

目次

1 飛鳥とは
2 素顔の蘇我氏
3 聖徳太子と推古天皇
4 舒明天皇と息長氏
5 大化の政変
6 斉明天皇と水の祭祀
7 壬申の乱
8 持統天皇と藤原京
9 古寺をめぐる
10 墳墓と遺跡

おすすめコメント

仏教伝来、都城の整備、儒教の受容…日本の国家のかたちや精神風土は、飛鳥時代に生まれた。その地の声を聞き、人々の思いを感じよう

出版社・メーカーコメント

六〜七世紀の飛鳥時代は危機と動乱の時代であった。仏教伝来、蘇我氏の台頭と聖徳太子の理想、斉明女帝の大公共工事、大化改新、壬申の乱、そして平城京遷都……。飛鳥を散策すれば、当時の人々の息吹を感じとることができる。現代に生きる私たちとの「近さ」に驚くことだろう。蘇我氏や息長氏などの豪族の足跡、道教や神まつりの痕跡、都城、寺院や古墳などを訪ね、76の章で日本の原風景である古代飛鳥へ読者をいざなう。

著者紹介

千田 稔 (センダ ミノル)  
1942(昭和17)年、奈良県生まれ。京都大学卒業、同大学大学院文学研究科博士課程を経て追手門学院大学、奈良女子大学、国際日本文化研究センターで教授等を歴任。現在、奈良県立図書情報館長。博士(文学・京都大学)。歴史地理学的視点から歴史文化論を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)