• 本

三丁目の地獄工場

角川ホラー文庫 Hい8−2

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-04-103999-1
4-04-103999-1
税込価格 704円
頁数・縦 245P 15cm

商品内容

要旨

「代わりましょうか?」仕事に疲れ果てていた私は、居酒屋で謎の男に声をかけられ、ヤケクソで「代われるもんならね」と応えてしまう。気がつくと本当に男と入れ替わり、毎朝“地獄”に出勤するはめに―「地獄工場」。片足を異常な長さに改造されてしまった男が見た世界とは?―「怪人村」。死者を漬けると数日後に蘇るという瓶に、女の子の死体を漬けこんだ僕―「女瓶」ほか、不条理の天才が描く、世にも奇妙な5つの恐怖。

おすすめコメント

地獄が仕事場という謎の男。希望がない毎日を送っている私は、その男の話を聞くうちに男の境遇が羨ましくなり、酔った勢いで「代わりたいですよ!」と言い放つ。そこから私の地獄での地獄の日々が始まった。

著者紹介

岩城 裕明 (イワキ ヒロアキ)  
1984年生まれ。京都府出身。第6回講談社BOX新人賞優秀賞を受賞し、2009年『ようこそ、ロバの目の世界へ。』でデビュー。14年『牛家』が、第21回日本ホラー小説大賞佳作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)