• 本

映画の奈落完結編 北陸代理戦争事件

講談社+α文庫 G278−1

出版社名 講談社
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-06-281625-0
4-06-281625-3
税込価格 990円
頁数・縦 409P 15cm

商品内容

要旨

公開直後、主人公のモデルとなった組長が映画と同じシチュエーションで殺害された、実録やくざ映画の極北『北陸代理戦争』(深作欣二監督、高田宏治脚本、1977年東映京都作品)をめぐる男たちの、壮絶な生きざまの数々を浮き彫りにした迫真のドキュメント!完結編として大幅に増補、『北陸代理戦争』の主演・松方弘樹氏のインタビューを収録。

目次

『北陸代理戦争』
事件―一九七七年四月十三日
笠原和夫対高田宏治―企画一九七六年十月
両目ができた―取材一九七六年十一月
太秦蛸部屋寮―脚本執筆一九七六年十二月
性転換手術―脚本改稿一九七七年一月
県警対東映京都―撮影一九七七年一月〜二月
奈落へむかう人々―封切りと三国事件一九七七年二月〜四月
暁の七人―復讐一九七七年四月〜十一月
女が水を血に変えるとき―その後の深作と高田
それぞれの三十七年

著者紹介

伊藤 彰彦 (イトウ アキヒコ)  
1960年生まれ。映画製作者・映画史研究家。慶應義塾大学文学部国文学科卒。98年、一般社団法人シナリオ作家協会大伴昌司賞佳作奨励賞受賞。『映画の奈落 北陸代理戦争事件』(国書刊行会)が初めての著作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)