• 本

アドラー珠玉の教え 自分の人生を最高に生きる77のヒント

講談社+α新書 508−3C

出版社名 講談社
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-06-272936-9
4-06-272936-9
税込価格 907円
頁数・縦 202P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

この本では、「劣等感」「目的論」「自己決定性」「共同体感覚」「ライフスタイル」「ライフタスク」、そして「勇気づけ」の七つのキーワードを取り上げ、それに関わるアドラーの言葉を七七個引用して、その教えをわかりやすく解説していく。そして、そこから自分の人生を最高に生きるアドラーの教えの秘密を明らかにしていこうと思う。「人生の幸せ」は、アドラーの教えが目標とする鍵の概念である。「情けは人の為ならず」というが、人の幸福が自分の幸福として還ってくる。この構図が、アドラーの幸福の原理にも働いている。

目次

序章 アルフレッド・アドラー―その人と心理学
第1章 劣等感―不完全な自分を受け入れる
第2章 目的論―はじめに目的ありき
第3章 自己決定性―自分の人生は自分が決める
第4章 共同体感覚―人のために何ができるか
第5章 ライフスタイル―自分らしい生き方を
第6章 ライフタスク―愛は最も困難な課題である
第7章 勇気づけ―横の関係で人は育つ
終章 人生の幸せ―幸せに生きるには条件がある

出版社・メーカーコメント

アドラー哲学の決定版、ついに完成す!! 「劣等感」「目的論」「自己決定性」「共同体感覚」「ライフスタイル」「ライフタスク」、そして「勇気づけ」の七つのキーワードを取り上げ、それに関わるアドラーの言葉を引用して、その教えをわかりやすく解説。そして、そこから自分の人生を最高に生きるアドラーの教えの秘密を明らかに! 人は一人で生きているのではなく、他者との関わりのなかで生きている。これをアドラーは、「人の悩みは、すべて対人関係の悩みである」という。人の心とその成長を社会との関係性で見るアドラーの教え、その原点を簡潔な表現で、悩めるすべての現代人に!

著者紹介

永江 誠司 (ナガエ セイジ)  
1949年、島根県に生まれる。福岡教育大学名誉教授、文学博士(広島大学)。トロント大学エリンデール校神経心理学教室・ボストン大学医学部失語症研究所客員研究員(1997〜98年)。専門は、発達心理学、神経心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)