• 本

近代日本の人類学史 帝国と植民地の記憶

出版社名 風響社
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-89489-227-9
4-89489-227-8
税込価格 5,500円
頁数・縦 620P 22cm

商品内容

要旨

日本人類学は「大東亜共栄圏」の子供か?「人類学は西洋帝国主義の子供である」とすればまさにそうだが、歴史はキャッチコピーではない。本書は、130年余にわたる日本人類学の足跡を、文献とオーラル・ヒストリー、そして現地調査の積み上げによって丹念に追った、貴重なドキュメントである。

目次

研究の課題と方法
前篇 植民地の拡張と人類学(台湾:旧慣調査と台北帝国大学
朝鮮:慣習調査と京城帝国大学
南洋群島:委任統治と民族調査
満洲:満鉄調査部と満洲国の民族学)
後篇 戦時中の民族学(民族研究所:戦時中の日本民族学
内陸アジア研究と京都学派:西北研究所の組織と活動
イスラーム研究とムスリム工作:内陸アジアと東南アジア研究)
近代日本の学知と人類学

著者紹介

中生 勝美 (ナカオ カツミ)  
1956年広島生まれ、中央大学法学部、明治大学博士前期、上智大学博士後期満期退学。2015年京都大学より博士(人間・環境学)の学位授与。宮城学院女子短期大学、大阪市立大学等を経て桜美林大学教授。中国、香港、台湾の社会・文化、植民地関係の論文多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)