• 本

日本人の知らないHONDA

出版社名 海と月社
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-903212-54-8
4-903212-54-8
税込価格 2,200円
頁数・縦 371P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

日本を代表する自動車メーカーを数社挙げたときに、トヨタ、日産と並び必ず名前が出るのがホンダ(本田技研工業)である。1946年に本田宗一郎によって創業された同社は、エンジンやオートバイでは世界一の実績を上げているほか、数々の独創的モデルや新技術を投入し高い評価を受けている。海外では、トヨタについてはリーン生産方式などで注目され、書籍や研究論文などが多数発表されている。だが、ホンダについては、その実績に比して知られていない。本書では、米国人のベテランジャーナリストがホンダを徹底研究。関係者への取材や膨大な資料をもとに、本田宗一郎の足跡や「三つの原則」、多国籍企業としての戦略など、さまざまな角度から同社の独自性と成長の秘密に迫っている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2016年05月25日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

気鋭のアメリカ人ジャーナリストがあえてホンダを徹底研究。そこは、外国人だからこそ見えてくる、世界が学ぶべき「精神」と「知恵」と「技」の宝庫だった―新人から経営陣まで、読むほどにやる気が満ちてくる希望の書!

目次

1章 ホンダはどこがちがうのか
2章 オイルのにおい
3章 第一の原則―パラドックスを受け入れる
4章 第二の原則―三現主義
5章 第三の原則―個性を尊重する
6章 ホンダならではの工場
7章 ホンダのイノベーション・マシン
8章 革命的なサプライチェーン
9章 ローカルな多国籍企業
10章 「製造業」宣言

著者紹介

ロスフィーダー,ジェフリー (ロスフィーダー,ジェフリー)   Rothfeder,Jeffrey
ジャーナリズム分野で数々の賞に輝いてきたベテラン・ジャーナリスト。これまでにオンライン・ニュース・メディア「インターナショナル・ビジネス・タイム」やPCマガジンの編集長を務めたほか、タイム誌やビジネスウィーク誌の編集、あるいはワシントンポスト紙の特派員など、広範な場で活躍。また、その守備範囲は、リーダーシップからマネジメント、企業文化、グローバリゼーションなどじつに多岐にわたる。ウォールストリート・ジャーナルベストセラーのMake or Breakほか、話題を呼ぶ著書も多数
依田 卓巳 (ヨダ タクミ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)