• 本

モーツァルト演奏法と解釈

新版

出版社名 音楽之友社
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-276-13111-8
4-276-13111-1
税込価格 10,010円
頁数・縦 669P 23cm
シリーズ名 モーツァルト演奏法と解釈

商品内容

要旨

モーツァルトを演奏するすべての人たちへ。ウィーンの伝統を受け継ぐ巨匠バドゥーラ=スコダ夫妻による、装飾音や強弱、カデンツァなどモーツァルト様式の実践的なアドバイスが満載!長年の研究と体験により満を持して全面改訂、待望の新版。

目次

モーツァルトの響きの世界
デュナーミク(強弱)
テンポとリズムの問題
アーティキュレーション
装飾音
即興的装飾
カデンツァとアインガング
「表現と趣味」
最良のテクストを求めて
オーケストラとの共奏
ピアノ作品における技術的問題
いくつかのピアノ作品の演奏解釈

出版社・メーカーコメント

ウィーンの名ピアニストパウル・バドゥーラ=スコダと、その妻で音楽学者として名高いエファ・バドゥーラ=スコダによる大著『モーツァルト 演奏法と解釈』(原著は1957年、日本語版は1963年刊行)の新版。旧著の出版から50年以上が経ち、資料状況の変化やモーツァルトの生涯と創作等の再考証によって得られた新しい情報をもとに、大幅に加筆校訂が施された。良いモーツァルト演奏のためには、モーツァルトの様式―デュナーミク、テンポ、アーティキュレーション、装飾音、カデンツァ等―を知ることが欠かせない。本書では長年の研究によって得られた知見が惜しみなく語られる。また、参考音源で耳でも確かめることが可能。ピアノ奏者はもちろん、モーツァルトを演奏するすべての人にとってバイブルとなる一冊。

著者紹介

バドゥーラ=スコダ,エファ (バドゥーラスコダ,エファ)   Badura‐Skoda,Eva
ウィスコンシン大学マディソン校の教授として、またザルツブルク・モーツァルテウムやカナダ(クィーンズ大学、マギル大学)、アメリカ(ボストン大学)、ヨーロッパ(ゲッティンゲン大学)でも客員教授として教鞭を執るとともに、世界各地で数々の講演を行ってきた。モーツァルトのハ短調協奏曲に関する著作、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトの作品研究や原典版楽譜など、多くの研究成果を発表してきた。また、フォルテピアノの歴史に関する3本のドキュメンタリー映画の脚本執筆および監督を担当
バドゥーラ=スコダ,パウル (バドゥーラスコダ,パウル)   Badura‐Skoda,Paul
1927年ウィーンに生まれる。1945年にウィーン音楽学校に入学、そのわずか2年後にオーストリア音楽コンクールで優勝した。1949年にヴィルヘルム・フルトヴェングラーとヘルベルト・フォン・カラヤンがコンサートのソリストとして招いたところ、世界的な大ピアニストとなった。エトヴィン・フィッシャーのアシスタントも務め、フィッシャーの死後、ウィーンやザルツブルク、エディンバラ、シエナでマスタークラスの伝統を引き継いだ。数多くの主要な国際ピアノコンクールの審査員を務めつつ、大きな情熱を若い音楽家の育成にも捧げている
今井 顕 (イマイ アキラ)  
1954年、東京に生まれる。若くして才能をパウル・バドゥーラ=スコダに認められ、私立武蔵高校を中退してウィーンへ渡欧、氏の薫陶のもとで研鑽を積んだ。早くも19歳でウィーン国立音楽・舞台芸術大学を最優秀の成績にて卒業、数々の国際コンクールに優勝・入賞し、コンサートピアニストとして国際的な活動を開始する。恩師スコダにはフォルテピアノも含めた演奏技法のみならず、古典派の書法に関する実践的な知見や原典資料の評価と原典版楽譜の編纂技術も教授され、東独ペータース社のショパン原典版全集の『即興曲集』やオイレンブルク社刊『ベートーヴェンピアノ協奏曲第5番「皇帝」』の原典版スコアその他の編纂を担当した
堀 朋平 (ホリ トモヘイ)  
神奈川県生まれ。武蔵野音楽大学・国立音楽大学講師。日本学術振興会特別研究員PDを経て2013年、東京大学大学院人文社会系研究科博士後期課程修了。日本シェリング協会第10回研究奨励賞受賞
西田 紘子 (ニシダ ヒロコ)  
千葉県生まれ。九州大学大学院芸術工学研究院助教。ロータリー財団奨学金を得て2005年より2年間、ウィーン国立音楽大学博士課程で音楽理論等を学ぶ。2009年、東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)