• 本

「本の寺子屋」が地方を創る 塩尻市立図書館の挑戦

出版社名 東洋出版
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-8096-7829-5
4-8096-7829-6
税込価格 1,296円
頁数・縦 150P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

“「本」の可能性を考えたい”をテーマに掲げる図書館員と、その言葉を信じる市民、本をめぐる人々の物語。未来は、ここから開かれる。長野県中央に位置する人口6万7千人の小都市。ここには、多くの小説家、評論家、詩人、歌人、俳人たちが訪れる。その理由とは?

目次

第1章 瞬間の王は死んだ(暗き森へと迷い入る
商業主義にうんざり
新しい図書館
立ち寄りたくなる場)
第2章 夜明け前(塩尻を舞台に
活性化の目玉
穂高の冬の夜
邂逅のとき)
第3章 温泉の湯のような(人生の寺子屋たれ
古田晁という誇り
マスコミを巻き込む
あの方がおみえになる)
第4章 ご近所を刺激してます(市外の受講生も応援
魂から血を流せ
「本の寺小屋」は書店の敵か
これからの「本の寺小屋」)
執筆余滴 情熱は伝播する―舞台裏から