• 本

民事訴訟法の現代的課題 民事手続法研究 1

出版社名 有斐閣
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-641-13726-4
4-641-13726-9
税込価格 12,100円
頁数・縦 578P 22cm

商品内容

目次

1 民事訴訟法総論(民事訴訟の位置づけ
民事訴訟における法的利益の保護―法的利益を中心とした民事訴訟法理論の再構成に向けた覚書 ほか)
2 審理の在り方(審理契約再論―合意に基づく訴訟運営の可能性を求めて
民事訴訟における裁判所の行為統制―「要因規範」による手続裁量の規制に向けて ほか)
3 情報・証拠の収集(民事訴訟における真実の発見
民事裁判における情報の開示・保護―書証を中心に ほか)
4 集団的利益の保護(集団的消費者被害回復制度の理論的問題
集団的利益の訴訟における保護)
5 弁護士費用と司法アクセス(弁護士費用の敗訴者負担制に関する覚書
弁護士報酬と民事法律扶助サービス ほか)

著者紹介

山本 和彦 (ヤマモト カズヒコ)  
1961年生まれ。1984年東京大学法学部卒業。現在、一橋大学大学院法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)