• 本

「現代の文学」月報集

講談社文芸文庫 こJ39

出版社名 講談社
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-06-290310-3
4-06-290310-5
税込価格 1,870円
頁数・縦 329P 16cm

商品内容

要旨

一九七〇年代前半、第一線の作家の代表作・名品を結集し、新時代の沃饒たる文学境域を提示した全集「現代の文学」。三十九巻に及ぶ全集購入者の特典として附された月報には、作家をよく知る書き手たちが、彼らの人間像と文学性をプライベートな眼差しで綴った多様な随筆を寄稿している。戦後派、第三の新人、内向の世代らが切磋する時代様相と、作家たちの知られざる横顔を堪能する月報集第四弾。

目次

遠藤周作「遠藤君のこと」佐藤朔
大江健三郎「大江健三郎とワイセツ文学」ドナルド・キーン
高橋和巳「妄想、アナキズム、夜桜」埴谷雄高
安部公房「舞台での安部脚本」千田是也
倉橋由美子「倉橋さんに期待すること」湯浅芳子
福永武彦「福永さんのこと、装幀のこと」駒井哲郎
吉行淳之介「その孤影を愛す―吉行淳之介のこと」進藤純孝
江藤淳「気楽なことを」藤枝静男
野間宏「『真空地帯』のこと」坂本一亀
三島由紀夫「三島由紀夫と私」E・サイデンステッカー〔ほか〕

おすすめコメント

1970年代に刊行された「現代の文学」は、三島由紀夫、大岡昇平、安部公房、遠藤周作、安岡章太郎、石原慎太郎、吉行淳之介、大江健三郎ら、現代の文学シーンを象徴する作家の代表作を選りすぐった全39巻の文学全集。