• 本

映画監督小津安二郎の軌跡 芸術家として、認識者として

出版社名 風濤社
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-89219-411-5
4-89219-411-5
税込価格 4,620円
頁数・縦 451P 20cm

商品内容

要旨

小津安二郎を芸術家と捉え、その認識の深まり、哲学的認識の成長を追う。これまでの評論と一線を画す小津論。

目次

1 小津映画の主題と背景(小津安二郎と小津映画
小津安二郎と小説家
日本映画と溝口、小津、成瀬
小津安二郎の論理と技法)
2 小津映画各論(“戦前期”前半
“戦前期”後半
“戦中期”
“戦後期”前半
“戦後期”後半)

著者紹介

竹林 出 (タケバヤシ イズル)  
1954年生まれ、1972年明治大学卒業。会社員時代は主として経理関係の業務に携わる。2010年に退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)