• 本

これでいいのか福岡県 意地の張り合い!?でもいざとなると団結する福岡県民

出版社名 マイクロマガジン社
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-89637-565-7
4-89637-565-3
税込価格 1,430円
頁数・縦 139P 26cm

商品内容

目次

意地の張り合い!?でも、いざとなると団結する福岡県民―筑前、筑後、豊前、筑豊 いまだに、プライド合戦中!
第1章 九州のセンターを担ってきた福岡県の歴史
第2章 福岡県ってどんなトコ
第3章 明暗がクッキリ分かれる福岡地域
第4章 県の第三極になりきれない筑後地域のもどかしさと希望
第5章 先行き不安だらけの豊前・京築エリア
第6章 石炭とともに去って行った筑豊エリアの復活は!?
第7章 一極集中の福岡と共存共栄 キーワードは地域の団結

出版社・メーカーコメント

筑前、筑後、豊前、筑豊 いまだに、プライド合戦中! 福岡県は人口510万人を有する九州を代表する県ですが福岡県は大きく分けて筑前、筑後、豊前、筑豊というエリアに分かれています。筑前は商業・経済の福岡市を中心にしたエリアで筑後はブリジストンを代表とする企業都市としての久留米市を中心にしたエリア、豊前は新日鉄住金(八幡製鉄所)を代表とする工業地帯の北九州市を中心にしたエリア、筑豊はかつて炭鉱で栄え、現在は観光・IT企業でガラッと変わった飯塚市を中心にしたエリアとなっております。この4つのエリアは江戸時代からの藩によって風習・習慣・ことばなど同じ県なのにあたかも独立国家があるかの如く、まったく違う要素を今ももち、心の中では反目しています。このような視点だけでも福岡県は謎の多い県なのです。また、近年、九州新幹線開通や博多港整備により、国内だけでなく、海外からも多くの観光客が押し寄せています。このように活況ある福岡県ですが、各エリアごとに格差が広がり、高齢化も深刻です。プライド高い福岡人の本音を深く探っていきます。

著者紹介

岡島 慎二 (オカジマ シンジ)  
1968年、茨城県生まれのフリーライター兼編集者。長年『地域批評シリーズ』の制作に取り組み、大小さまざまな地域問題を取材し、独自の視点から執筆。もはやライフワークとして全国を飛び回る日々が続いている
土屋 コージン (ツチヤ コージン)  
1969年生まれ、長野県出身。編集者兼ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)