• 本

高校数学でわかるアインシュタイン 科学という考え方

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-13-063362-8
4-13-063362-7
税込価格 2,640円
頁数・縦 226P 19cm

商品内容

要旨

自分で考えて楽しむサイエンス。力学から相対論、素粒子の世界を高校初等レベルの数学でしっかり学ぶ。数式の美を知り、科学の奥深さに触れよう。

目次

第1講 数学美とは―科学的な思考について
第2講 法則性とは―原理と法則
第3講 周期性とは―円から楕円へ
第4講 太陽系とは―ケプラーからニュートンへ
第5講 相対性とは―ガリレオからアインシュタインへ
第6講 不変量とは―仕事とエネルギー
第7講 遠心力とは―慣性力の再検討
第8講 重力場とは―地球から宇宙へ
第9講 対称性とは―相対論の奥深い世界
第10講 素粒子とは―極微の対称性
第11講 原子論とは―力学的決定論から確率論へ

著者紹介

酒井 邦嘉 (サカイ クニヨシ)  
1964(昭和39)年、東京に生まれる。87年、東京大学理学部物理学科卒業。92年、同大学大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士。同年、同大学医学部助手。95年、ハーバード大学医学部リサーチフェロー。MIT言語・哲学科客員教授を経て、東京大学大学院総合文化研究科教授、同理学系研究科物理学専攻教授兼任。第56回毎日出版文化賞、第19回塚原仲晃記念賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)