• 本

人生後半をもっと愉しむフランス仕込みの暮らし術

出版社名 家の光協会
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-259-54760-8
4-259-54760-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 175P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

自分の人生を肯定することからすべては始まる。パリ生活20年の著者が実践する、プラス思考になる暮らしのヒント。

目次

第1章 好きなものに囲まれて暮らす(捨てるのは簡単。だけど思い出もいっしょに捨てないで
好きなものは見えるところに置いておく ほか)
第2章 心地よさを生む装いと暮らしのコツ(自分だけのマイ・ルールを決めて、爽やかに暮らす
気に入ったものを使って、使って、使いつくす ほか)
第3章 人に喜ばれる手軽なおもてなし料理とお菓子(手料理は心を込めて、外食よりおいしく安く
メインにぴったりなビストロの味「豚肉のカシス煮」 ほか)
第4章 人生で今がいちばんおもしろい(人生はあなたが考えているほど大変ではありません
家族のすばらしさは、じんわり感じて納得するもの ほか)

おすすめコメント

モノを捨てずに好きなモノだけに囲まれる暮らし。20年間のパリ暮らしの経験をもとに綴る、これからの人生をもっとおもしろくする生き方・考え方のヒントが詰まった一冊。「考え方ひとつで、人生はガラリと変わる!」

著者紹介

吉村 葉子 (ヨシムラ ヨウコ)  
エッセイスト。1952年、神奈川県藤沢市生まれ。立教大学経済学部卒業。1979年に渡仏、20年間をパリで過ごす。フランスの文化や暮らしの分野をはじめ、ヨーロッパ全域における生活全般を取材し、雑誌などに寄稿。帰国後は、日仏文化の違いをシャープな視点で捉えたエッセイを発表、好評を博している。本業のかたわら、フランスの家庭的な焼き菓子の店を営んでいたほどの料理好き(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)