• 本

微分積分学入門第一課 新装版

出版社名 近代科学社
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-7649-0512-2
4-7649-0512-4
税込価格 2,200円
頁数・縦 184P 19cm
シリーズ名 微分積分学入門第一課

商品内容

要旨

平易な解説と異色の構成で微分積分学を一通り網羅するよう企画された画期的シリーズの第一弾。「従来の教科書は難しすぎた」と言う著者が高校程度の予備知識の上にたって書きおろした新しいスタイルの入門書。全体の構成は、第1部基礎理論と第2部計算技法からなる。第1部では、伝統的なε‐δ論法を用いず、直観を重んじて基本定理を解説するよう工夫を凝らす。第2部では、「このときはこうしろ」といった公式丸暗記型でなく、計算技法の原理・根拠にも言及するようつとめている。

目次

第1部 基礎理論(面積を求めて
関数値の変化
微分と積分の逆関係
微分積分の応用)
第2部 計算技法(微分法の基本公式
微分の計算
積分の計算のための準備
積分の計算)

著者紹介

一松 信 (ヒトツマツ シン)  
1947年東京帝国大学理学部数学科卒業。1952年立教大学理学部助教授。1955年東京大学理学部助教授。1962年立教大学理学部教授。1969年京都大学数理解析研究所教授を経て、1989年京都大学名誉教授(理学博士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)