• 本

中国知財戦略 イノベーションの実態と知財プラクティス

出版社名 白桃書房
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-561-25677-9
4-561-25677-6
税込価格 3,024円
頁数・縦 211P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

知財大国化する中国。それに伴い大きく変容しつつある知財実務に携わる弁理士がまとめた貴重な知見。

目次

第1章 「中国型イノベーションシステム」の仕組み(「中国型イノベーションシステム」とイノベーションの特徴
「中国型イノベーションシステム」を支える政策
モジュラー型産業構造)
第2章 国有企業と民間企業のイノベーション(国有企業の改革とイノベーション
民間企業のイノベーション)
第3章 知的財産制度の整備と進展(知財大国化する中国
知的財産関連政策と法規制)
第4章 「中国型イノベーションシステム」を攻略する戦略(「中国型イノベーションシステム」を攻略するためのビジネス戦略
知財マネジメントによる対応
中国型知財リスクの対策
ライセンス戦略)
第5章 中国知的財産法の特徴と出願戦略(中国知的財産法の特徴
中国特許出願実務とマネジメント
中国における知財訴訟)

著者紹介

山田 勇毅 (ヤマダ ユウキ)  
日栄国際特許事務所弁理士。1982年東京工業大学大学院修士課程材料科学専攻修了。同年特許庁入庁審査官審判官。2000年外資系化学企業ライセンスマネジャー(東アジア)。2002年大野総合法律事務所弁理士。2009年青和特許法律事務所弁理士。2012年日栄国際特許事務所外国技術部長、化学部門長。2011年2月東京大学イノベーションマネジメントスクール(TIMS2010)修了。2005〜2012年京都大学法科大学院で「ライセンス契約」の特別講義を担当。2010〜2012年東京工業大学イべーションマネジメント研究科非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)