• 本

図説シルクロード文化史

出版社名 原書房
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-562-05321-6
4-562-05321-6
税込価格 5,500円
頁数・縦 384,14P 図版16P 22cm

商品内容

要旨

シルクロードは、ロードス島の巨像やスエズ運河とならぶ、世界史の象徴だ。しかし、シルクロードとは正確にはなんだったのだろう?思い浮かぶのは、絹を積んだラクダのキャラバンが砂ぼこりのまう砂漠の道を中国からローマまで移動するという、ぼんやりしたイメージだ。現実はこれとは違っていた。そして、従来の物語よりはるかにおもしろい。そのすべてが、この新たな歴史書で明らかになる。

目次

第1章 中央アジアの交差路―クロライナ王国
第2章 シルクロード言語への玄関口―クチャとキジル石窟
第3章 中国とイランの中間地点―トルファン
第4章 シルクロードの商人、ソグド人の故郷―サマルカンドとソグディアナ
第5章 シルクロード終点の国際都市―古都長安、現代の西安
第6章 シルクロード史のタイムカプセル―敦煌莫高窟
第7章 仏教・イスラム教の新疆への通り道―ホータン
結論 中央アジアの陸路の歴史

おすすめコメント

古代資料をもとに、主要オアシス都市の社会と経済を再構築し、シルクロード交易の実態を明らかに。各章ごとにシルクロード上の主要な都市を取り上げ、当時の人々の暮らしを生き生きとよみがえらせるとともに、これまでのシルクロードの定説に修正を迫る。写真、地図などの図版約80点。

著者紹介

ハンセン,ヴァレリー (ハンセン,ヴァレリー)   Hansen,Valerie
イェール大学歴史学教授
田口 未和 (タグチ ミワ)  
上智大学外国語学部卒。新聞社勤務をへて翻訳業につく(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)