• 本

銭湯 「浮世の垢」も落とす庶民の社交場

シリーズ・ニッポン再発見 2

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-623-07705-2
4-623-07705-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 206P 21cm

商品内容

要旨

江戸のむかしから、趣向を凝らした現代の銭湯まで。庶民生活に息づく歴史・地域性・美学。

目次

1 銭湯の歴史(「銭湯」ができるまで
江戸時代の銭湯
明治時代以降の銭湯)
2 銭湯に見る地域性(地域による銭湯の違い
銭湯と北陸の不思議な関係)
3 全国名銭湯巡り(全国選りすぐり銭湯
幻の銭湯
花街の銭湯を訪ねる)
4 銭湯美学(銭湯建築の美学
銭湯の絵画)
5 現在から未来へ(現代の銭湯
ニュー銭湯巡り)

著者紹介

町田 忍 (マチダ シノブ)  
1950年東京生まれ。和光大学人文学部芸術科卒業。学生時代ヒッピーに憧れヨーロッパを放浪。警視庁巡査を経て、明治から戦後における庶民文化史を研究。少年時代より収集しているパッケージなど商品の歴史も研究。テレビドラマや映画の時代考証も手がける。現在、庶民文化研究所を設立、活動を続けている。社団法人日本銭湯文化協会理事、浅草庶民文化資料館・三十坪の秘密基地名誉館長、台場一丁目商店街(デックス東京ビーチ)特別顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)