• 本

神経ハイジャック もしも「注意力」が奪われたら

出版社名 英治出版
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-86276-214-6
4-86276-214-X
税込価格 2,640円
頁数・縦 534P 19cm

商品内容

要旨

2006年9月、11通のメールが事件を引き起こす。当事者は19歳のレジー。運転中の「ながらスマホ」の疑惑。だが彼には事故当時の記憶がない―。謎に迫る捜査官。鍵を握る科学者。やがて人々は気づく「明日は我が身かもしれない」ながらスマホは命を奪う!?飲酒運転以上の衝突リスク、20分の1まで視野低下、記憶が曖昧に。脳はすごい。だが限界を超えるとコントロール不能になる。その先には…?現代人の病理に迫る科学ノンフィクション。

目次

第1部 衝突
第2部 審判
第3部 贖罪

著者紹介

リヒテル,マット (リヒテル,マット)   Richtel,Matt
『ニューヨーク・タイムズ』記者。テクノロジーが人々の生活に与える影響など、幅広いテーマを取材。不注意運転のリスクおよびその根本原因を明らかにし、広く警鐘を鳴らした一連の記事で、2010年にピュリツァー賞(国内報道部門)を受賞。小説も3作執筆している。カリフォルニア大学バークレー校、コロンビア大学ジャーナリズム大学院卒業。神経科医の妻、子ども2人とサンフランシスコ在住
三木 俊哉 (ミキ トシヤ)  
京都大学法学部卒業。会社勤務を経て翻訳業
小塚 一宏 (コズカ カズヒロ)  
愛知工科大学教授(工学部情報メディア学科)。名古屋大学大学院工学研究科修了(工学博士)。専門は交通工学。(株)豊田中央研究所にてETC(自動料金収受システム)の基礎研究や自動車用エンジンの燃焼研究に従事した後、2002年、愛知工科大学に着任。2004年からドライバーの動作・視線の計測解析、歩行中・運転中のスマートフォン操作の危険性などを研究。工学部長・工学研究科長(2011年度〜2014年度)を経て現在、高度交通システム研究所長を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)