• 本

吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジー14』はなぜ新生できたのか

出版社名 カドカワ
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-04-733154-9
4-04-733154-6
税込価格 1,320円
頁数・縦 192P 19cm
シリーズ名 吉田の日々赤裸々。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

崖っぷちに瀕した『ファイナルファンタジー14』。不評を買った現行版の運営と改修を続けながら、一から設計をやり直した新生版の同時並行開発。奇跡とも言える復活劇をここに記録!

目次

「吉田の次回作にご期待ください!」
「わからないことがわかった、の重要性(コラム的には重要な話題ではない)」
「吉田の発言が正しい、という保証もどこにもありませんでした。」
「よしだ?」
「理想−現状=問題、の果てにあるもの」
「『FF14』でなくてもかまいません!(え?)」
「空想と妄想の行き着くところ。」
「仮想世界と現実世界」
「プロデューサーというお仕事」
「鈍感にもほどがある」〔ほか〕

おすすめコメント

週刊ファミ通で好評連載のコラム“吉田の日々赤裸々。”が、待望の単行本化! まさに崖っぷちプロジェクトであった『ファイナルファンタジーXIV』が “新生”するまでの過程を、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏みずから振り返る。連載の加筆再収録だけでなく、吉田氏がプロジェクトを引き継ぐことになるまでの顛末を、開発スタッフコアメンバーである高井浩氏と皆川裕史氏で回想する 特別鼎(てい)談も収録。『ファイナルファンタジーXIV』のすべてのプレイヤー必見の1冊! “ゲーム業界”の現状をリアルに垣間見られる比類なき書籍をお楽しみください。

出版社・メーカーコメント

週刊ファミ通で好評連載中のコラム“吉田の日々赤裸々。”が、待望の単行本化!まさに崖っぷちプロジェクトであった『ファイナルファンタジーXIV』が“新生”するまでの過程を、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏みずから振り返る。連載の加筆再収録だけでなく、吉田氏がプロジェクトを引き継ぐことになるまでの顛末を、開発スタッフコアメンバーである高井浩氏と皆川裕史氏で回想する特別鼎(てい)談も収録。『ファイナルファンタジーXIV』のすべてのプレイヤー必見の1冊!“ゲーム業界”の現状をリアルに垣間見られる比類なき書籍をお楽しみください。.

著者紹介

吉田 直樹 (ヨシダ ナオキ)  
株式会社スクウェア・エニックス執行役員(開発担当)第5ビジネス・ディビジョン ディビジョンエグゼクティブファイナルファンタジー14プロデューサー兼ディレクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)