• 本

がん 4000年の歴史 上

ハヤカワ文庫 NF 467

出版社名 早川書房
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-15-050467-0
4-15-050467-9
税込価格 994円
頁数・縦 501P 16cm
シリーズ名 がん

商品内容

要旨

紀元前から現代まで4000年にわたって人々を苦しめてきた病「がん」。古代エジプトの医師イムホテプが「治療法はない」と述べたその腫瘍を、医聖ヒポクラテスは「カルキノス(「カニ」)」と名づけ、19世紀の外科医は「あらゆる病の皇帝」と怖れた。患者、医師たちの苦闘のドラマを通して、謎めいた病魔の真の姿を浮かびあがらせ、ピュリッツァー賞ほか各賞を総なめにした傑作ノンフィクション。

目次

第1部 「沸き立たない黒胆汁」(「血液化膿症」
「ギロチンよりも飽くことを知らない怪物」
ファーバーの挑戦状 ほか)
第2部 せっかちな闘い(「社会を形成する」
「化学療法の新しい友人」
「肉屋」 ほか)
第3部 「よくならなかったら、先生はわたしを見捨てるのですか?」(「われわれは神を信じる。だがそれ以外はすべて、データが必要だ」
「微笑む腫瘍医」
敵を知る ほか)

おすすめコメント

古代エジプト人を悩まし、現在も年間700万の命を奪う「がん」。現役医師が患者や医学者らの苦闘を鮮烈に綴る名著。解説/仲野徹

著者紹介

ムカジー,シッダールタ (ムカジー,シッダールタ)   Mukherjee,Siddhartha
医師、がん研究者(血液学、腫瘍学)。1970年、インドのニューデリー生まれ。スタンフォード大学(生物学専攻)、オックスフォード大学(ローズ奨学生。免疫学専攻)、ハーバード・メディカル・スクールを卒業。現在、コロンビア大学メディカル・センター准教授。デビュー作となる『がん―4000年の歴史』(2010年)はピュリッツァー賞、PEN/E・O・ウィルソン賞、ガーディアン賞などを受賞し、“タイム”誌の「オールタイム・ベストノンフィクション」に選ばれた
田中 文 (タナカ フミ)  
東北大学医学部卒、医師、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)