• 本

がん 4000年の歴史 下

ハヤカワ文庫 NF 468

出版社名 早川書房
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-15-050468-7
4-15-050468-7
税込価格 1,012円
頁数・縦 489P 16cm
シリーズ名 がん

商品内容

要旨

20世紀に入り、怪物「がん」と闘うには「治療」という攻撃だけでなく「予防」という防御が必要なことが明らかになる。かくて、がんを引き起こす最大の犯人として「たばこ」が指名手配されるが…。一方、がんを治す「新薬」をめぐって巨大企業、患者、医師、研究者とのあいだでは駆け引きが続いていた。さらに分子生物学の進歩はこの病の根源的な原因に迫っていく。人類の壮絶な闘争史を刻んだ歴史的名著。

目次

第4部 予防こそ最善の治療(「まっくろな棺」
皇帝のナイロンストッキング
「夜盗」 ほか)
第5部 「われわれ自身のゆがんだバージョン」(「単一の原因」
ウイルスの明かりの下で
「サーク狩り」 ほか)
第6部 長い努力の成果(「何一つ、無駄な努力はなかった」
古いがんの新しい薬
紐の都市 ほか)
アトッサの闘い

おすすめコメント

古代エジプト人を悩まし、現在も年間700万の命を奪う「がん」。現役医師が患者や医学者らの苦闘を鮮烈に綴る名著。解説/仲野徹

著者紹介

ムカジー,シッダールタ (ムカジー,シッダールタ)   Mukherjee,Siddhartha
医師、がん研究者(血液学、腫瘍学)。1970年、インドのニューデリー生まれ。スタンフォード大学(生物学専攻)、オックスフォード大学(ローズ奨学生。免疫学専攻)、ハーバード・メディカル・スクールを卒業。現在、コロンビア大学メディカル・センター准教授。デビュー作となる『がん―4000年の歴史』(2010年)はピュリッツァー賞、PEN/E・O・ウィルソン賞、ガーディアン賞などを受賞し、“タイム”誌の「オールタイム・ベストノンフィクション」に選ばれた
田中 文 (タナカ フミ)  
東北大学医学部卒、医師、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)