• 本

日本人が知らない最先端の「世界史」

出版社名 祥伝社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-396-61567-3
4-396-61567-1
税込価格 1,728円
頁数・縦 300P 19cm
シリーズ名 日本人が知らない最先端の「世界史」

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

歴史修正主義、コミンテルン陰謀史観、チャンドラ・ボース、ノモンハン事件、中国共産党政権誕生の裏側。これを知らずして、歴史論争はもはや成り立たない!英米独仏露の最新歴史論文を、原語で読破して論点を整理。

目次

1 「歴史修正主義」論争の正体(日独同罪論をめぐって
歴史認識は処罰の対象となるのか
なぜ「歴史修正主義」は非難されるのか
チャンドラ・ボースは英雄か傀儡か?)
2 「コミンテルンの陰謀」説の真偽(「コミンテルンの陰謀」は存在したか
過去を直視しない人々
ヴェノナの衝撃
それでも「スパイ」と認めない人々)
3 大衆と知識人(大衆と知識人は、どちらが危険か
ナチスを支持したのは、はたして誰か)
4 中国共産党政権誕生の真実(毛沢東はスターリンの傀儡だった
中国共産党の「救世主」だった日本
中国共産党政権の誕生に果たした米国の役割)

出版社・メーカーコメント

歴史修正主義コミンテルン陰謀史観チャンドラ・ボースノモンハン事件中国共産党政権誕生の裏側これを知らずして、歴史論争はもはや成り立たない![本書の目次から]1 「歴史修正主義」論争の正体日独同罪論をめぐって/歴史認識は処罰の対象となるのか/なぜ「歴史修正主義」は非難されるのか/チャンドラ・ボースは英雄か傀儡か2 「コミンテルンの陰謀」説の真偽「コミンテルンの陰謀」は存在したか/過去を直視しない人々/ヴェノナの衝撃/それでも「スパイ」と認めない人々3 大衆と知識人大衆と知識人は、どちらが危険か/ナチスを支持したのは、はたして誰か4 中国共産党政権誕生の真実毛沢東はスターリンの傀儡だった/中国共産党の「救世主」だった日本/中国共産党政権の誕生に果たした米国の役割

著者紹介

福井 義高 (フクイ ヨシタカ)  
1962年8月京都生まれ。東京大学法学部卒。カーネギー・メロン大学Ph.D.、米国CFA。日本国有鉄道、東日本旅客鉄道株式会社、東北大学助教授(大学院経済学研究科)を経て、青山学院大学教授(大学院国際マネジメント研究科)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)