• 本

「日本スゴイ」のディストピア 戦時下自画自賛の系譜

出版社名 青弓社
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-7872-2065-3
4-7872-2065-9
税込価格 1,944円
頁数・縦 195P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

テレビや雑誌でやたら目につく「日本スゴイ」の大合唱。「八紘一宇」や「日本人の誇り」を煽る政治家まで現れた。実は1931年の満洲事変後にも、愛国本・日本主義礼賛本の大洪水が起こっていた。「日本人の礼儀正しさ」や「勤勉さ」などをキーワードとして、戦時下の言説に、「日本スゴイ」という自民族の優越性を称揚するイデオロギーのルーツをたどる。

目次

第1章 「日本主義」大ブーム到来(「日本スゴイ」ネタの原型
日本主義は全人類の奉ずべき道徳精神である ほか)
第2章 「よい日本人」のディストピア(「日本人に生まれてよかった」?
学校教師を「ミニ天皇」化する「日本的学級経営」 ほか)
第3章 礼儀正しい日本人―国民礼法の時代(用便は便所にすべきで、庭や路傍にすべきではない
祝祭日には赤飯炊いて ほか)
第4章 よく働く日本人―勤労哲学の教化と錬成(兵士は戦場に死し、工員は職場に斃る
「日本的勤労観」の暗黒 ほか)
第5章 神がかり日本に敗戦はない(大東亜皇道楽園の出現
大東亜戦争の神話的意義 ほか)

著者紹介

早川 タダノリ (ハヤカワ タダノリ)  
1974年生まれ。フィルム製版工などを経て、現在は編集者として勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)