• 本

ゲーテ=シラー往復書簡集 下

出版社名 潮出版社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-267-02042-1
4-267-02042-6
税込価格 4,290円
頁数・縦 549,47P 20cm
シリーズ名 ゲーテ=シラー往復書簡集

商品内容

要旨

約11年で交わされた1000通以上の書簡を上下巻で収録。シラーがいなければ『ファウスト』は執筆されなかった―。名作誕生の背景にあった二大臣匠による迫真の記録!日本ゲーテ協会・森淑仁前会長によるあとがき、1798年〜1805年の書簡、ゲーテ研究家による詳細な解説、上下巻を網羅した、ゲーテとシラーの作品、人名、地名の索引を収録!

目次

一七九八年
一七九九年
一八〇〇年
一八〇一年
一八〇二年
一八〇三年
一八〇四年
一八〇五年〔ほか〕

著者紹介

森 淑仁 (モリ ヨシヒト)  
ドイツ文学者、東北大学名誉教授、前日本ゲーテ協会会長
田中 亮平 (タナカ リョウヘイ)  
創価大学文学部教授、ヴァイマル・ゲーテ協会、日本独文学会、日本ゲーテ協会等に所属。研究テーマは「18世紀後半のドイツ文学」など
平山 令二 (ヒラヤマ レイジ)  
中央大学法学部教授。1996年から2003年まで世界文学会の編集長を務める。日本独文学会所属。研究テーマは「18世紀ドイツ文学」など
伊藤 貴雄 (イトウ タカオ)  
創価大学文学部教授。日本ショーペンハウアー協会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)