• 本

一〇〇年前の女の子

文春文庫 ふ43−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-16-790663-4
4-16-790663-5
税込価格 842円
頁数・縦 382P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

明治42年、上州カラッ風の吹く小さな村に生れた寺崎テイ。生後1カ月で実母と引き離され、100年を母恋いと故郷への想いで生きた。新緑の茶摘み、井戸替え、養蚕。お盆様から月見、コウシン様から鮒の甘露煮で迎えるお正月様へ。厳冬のごぜ唄と寒紅売り。鮮やかなテイの記憶が綴る日本の原風景。珠玉の高松村物語。

目次

実の母は家に戻らなかった
継っ子は養女に出された
筑波尋常小学校にあがった
柿若葉のころ、村は忙しくなる
秋が深まり、コウシン様の夜がくる
お正月様を迎える
冬、街道をやってくる者たち
雛の節句の哀しい思い出
懐かしい人びと
修学旅行のあとには受験勉強が待っていた
足利女学校で何を学んだか
十六歳で東京へ、そして独りで生きた
その後のテイと寺崎の家

おすすめコメント

「わたしにはおっ母さんがいなかった」 米寿を過ぎて、母テイが絞り出すように語り始めた――生後一か月で実母と引き離され、養女に出された辛い日々を。同時に、故郷をいろどった四季おりおりの行事や懐かしい人びとのことも。新緑の茶摘み、赤いタスキの早乙女の田植え、家じゅうで取り組むおカイコ様。お盆様にお月見、栗の山分け、コウシン様のおよばれのご馳走。初風呂と鮒の甘露煮で迎えるお正月様。農閑期の冨山のクスリ売りと寒紅売り、哀愁のごぜ唄。春には雛祭りの哀しみがあり、遊郭での花見には華やかさがあった。語る母、聴き取る娘。母と娘が描きあげた、100年をけなげに生きた少女の物語は、色鮮やかな歳時記ともなった。2010年に刊行以後、さまざまな新聞・雑誌に書評が掲載され、NHKラジオ深夜便での、著者の「母を語る」も評判となった。多くの感動と共感を読んだ物語の待望の文庫化。今回新たに、足利高等女学校の制服姿のテイや家族写真、また新渡戸稲造校長の女子経済専門学校での写真などを掲載。安野光雅のカバー画と挿画3点・解説は中島京子。

著者紹介

船曳 由美 (フナビキ ユミ)  
1938年東京生れ。62年東京大学文学部社会学科卒業後、平凡社に入社。雑誌「太陽」に創刊時よりかかわり、全国各地の民俗、伝統行事を取材、後に単行本とする。『黒川能』(真壁仁・文、薗部澄・写真)、『東大寺』(土門拳・写真)など。85年平凡社を退社、86年集英社に入社。99年定年退職後、フリー編集者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)