• 本

今にも動き出しそうなミニキャラ上達の法則 顔、表情、体型、骨格、ポーズ、アイテムなど、リアルなメイキングから学ぶ上達術が満載!! モンスターストライク/白猫プロジェクト/消滅都市/探検ドリランド/釣り

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-416-51632-4
4-416-51632-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 175P 26cm

商品内容

要旨

人気ゲームの制作現場から鮮やかテクニック大公開!将来プロのクリエイター志望も現役プロも必見。ミニキャラをつくるための完全バイブル!

目次

人気ゲームの制作現場から鮮やかテクニック大公開!
01 ミニキャラをデザインしよう!
02 さまざまな世界観を表そう!
03 ミニキャラのカラーリング
04 小さいからこそのデッサン術
05 ここをおさえると格段にうまくなる!
06 ミニキャラ上達術トレーニングに挑戦!

出版社・メーカーコメント

APP-STORE、GOOGLE-PLAY、モバゲー、グリーなど強力なプラットフォームから配信されている数多のソーシャルゲーム。それらはスマートフォンや、タブレットで楽しむために設計されており、それらのスペックが高まってきた現在、ますますビジュアルの精度が上がってきている。そんなゲームの必須アイテムがキャラクターで、2等身、3頭身のミニキャラがほとんどのゲームに登場し、暴れまわっています。これらは8頭身くらいの通常のスタイルのキャラクターを2頭身にして小さな画面のなかで、アクティブに動きまわれるようにしてあります。キャラクターデザイナーたちは、単にミニキャラを描くだけでなく、8頭身のキャラクターデザインを描き、それを2等身にリサイズすることも仕事となっており、それはかなり難易度が高い作業なのです。同書では、この難易度の高いミニキャラのデザインの仕方や描き方、8頭身キャラの2頭身化のポイントなどを魅力的なキャラクーをモチーフにして解説します。巻頭には、グリー、ミクシー、DeNAなどのゲーム会社で活躍するデザイナーが話題のゲームに登場するキャラクターデザインを描くテクニックを公開します

著者紹介

常野 啓 (ツネノ ヒロシ)  
大学で建築を学び漫画の世界に入り、アシスタントをしつつゲームやアニメの美術設定を手がける。同時に東放学園専門学校にて漫画学科の講師を10年以上務める
きん太 (キンタ)  
フリーランスでゲーム用のグラフィックやイラストを制作。素朴なタッチの絵が得意
石塚 綾香 (イシズカ アヤカ)  
杜人(もりびと)というペンネームでコミティアを中心に活動。やまなあやか名義で2010年ドラゴンエイジ新人賞を受賞し、同誌に漫画を掲載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)