• 本

ザ・パーフェクト−日本初の恐竜全身骨格発掘記 ハドロサウルス発見から進化の謎まで

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-416-61636-9
4-416-61636-8
税込価格 2,200円
頁数・縦 313P 20cm

商品内容

要旨

そこには尻尾から頭でつながった状態で残されていた。日本初の恐竜全身骨格発掘記。

目次

第1部 むかわ町穂別(ワニの化石だと思っていた―堀田良幸
北海道フィールド ほか)
第2部 恐竜化石(恐竜とは何か
日本の恐竜たち ほか)
第3部 発掘(化石を発掘するとは
北海道として例がない―櫻井和彦その2 ほか)
第4部 ハドロサウルス類(白亜紀後期という時代
穂別の恐竜の“正体” ほか)
第5部 これから(むかわ町のこれから―竹中喜之
恐竜化石のこれから―小林快次その4 ほか)

おすすめコメント

「全身がある!」 そして日本の恐竜研究の可能性が大きく広がった? 「全身がある」を合い言葉に進められた北海道・穂別の発掘プロジェクト。この化石発見が、実は白亜紀末期の恐竜進化の謎解明につながっていた。日本古生物史上最高と呼ばれる、状態のいい全身骨格(ザ・パーフェクト)発見の全貌を、関係者の証言でひも解くサインエス・ノンフィクション。実際に今もこのプロジェクトを指揮している北海道大学総合博物館、小林快次准教授を筆頭に、プロジェクトで活躍した穂別博物館の研究者2名含め、コアな関係者3名が監修。日本の恐竜研究界を賑わしたビッグニュースを理解するに十二分な情報がつまった決定版。

著者紹介

土屋 健 (ツチヤ ケン)  
オフィスジオパレオント代表。サイエンスライター。埼玉県生まれ。金沢大学大学院自然科学研究科で修士号を取得(専門は地質学、古生物学)。その後、科学雑誌『Newton』の記者編集者を経て独立し、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)