• 本

人形の家 三幕

改版

新潮文庫 イ−1−1

出版社名 新潮社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-10-209601-7
4-10-209601-9
税込価格 432円
頁数・縦 182P 16cm
シリーズ名 人形の家

商品内容

要旨

小鳥のように愛され、平和な生活を送っている弁護士の妻ノラには秘密があった。夫が病気の時、父親の署名を偽造して借金をしたのだ。秘密を知った夫は社会的に葬られることを恐れ、ノラをののしる。事件は解決し、夫は再びノラの意を迎えようとするが、人形のように生きるより人間として生きたいと願うノラは三人の子供も捨てて家を出る。近代劇確立の礎石といわれる社会劇の傑作。

著者紹介

イプセン (イプセン)   Ibsen,Henrik
1828‐1906。ノルウェーの劇作家。幼くして家が破産し、風刺的な詩や戯曲などを書きはじめる。創刊した週刊誌は廃刊、支配人となった劇場も経営不振で閉鎖の憂き目にあうが、戯曲『ブラン』(1866)がようやく世に認められ、『人形の家』(’79)で不動の名声を得る。その後は近代演劇だけでなく女性解放運動にも大きな影響を与えた
矢崎 源九郎 (ヤザキ ゲンクロウ)  
1921‐1967。北欧文学者、言語学者。山梨県生れ。東京帝大言語学科卒。東京教育大で教鞭をとる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)