• 本

リンドバーグ第二次大戦日記 上

角川ソフィア文庫 M118−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-04-400165-0
4-04-400165-0
税込価格 1,232円
頁数・縦 391P 15cm
シリーズ名 リンドバーグ第二次大戦日記

商品内容

要旨

「われわれは確かに軍事的な意味での勝利を得た。しかしもっと広い意味から考えれば、われわれは戦争に敗北したように思われてならぬ」大西洋無着陸横断飛行や人工心臓装置の開発など、数々の偉業を成した英雄リンドバーグ。唯一残した日記は、第2次大戦という西欧文明崩壊への証言だった。断固として訴えた米国の参戦反対、ルーズベルト大統領との確執、軍需産業の国際的な内幕―戦後25年を経て公開された、衝撃の記録。

目次

大戦前夜―ヨーロッパで(大英帝国、老いたり―一九三八年
戦争か平和か帰国―一九三九年
ロンドン炎上米国で―一九四〇年)
大戦前夜―米本国で(ファシスト呼ばわりされて―一九四一年)

おすすめコメント

「われわれは確かに軍事的な意味での勝利を得た。しかしもっと広い意味から考えれば、われわれは戦争に敗北したように思われてならぬ」 大西洋無着陸単独横断飛行や人工心臓装置の開発など、数々の偉業を為した英雄リンドバーグ。唯一残した日記は、第二次大戦という西欧文明崩壊の証言だった。断固として訴えた米国の参戦反対、ルーズベルト大統領との確執、航空事業界の国際的な内幕―― 戦後25年を経て公開された、衝撃の記録。

著者紹介

リンドバーグ,チャールズ・A. (リンドバーグ,チャールズA.)   Lindbergh,Charles A.
1902年、米デトロイト生まれ。妻は作家のアン・リンドバーグ。1927年にニューヨーク‐パリ間の世界初の大西洋単独無着陸飛行に成功。1932年、誘拐事件で長男を亡くす。1935年、生理学者カレル博士と共に人工心臓装置を開発。ドイツ空軍の調査に派遣され政治の中枢にも関わる。第二次世界大戦に際し米国の参戦反対を強く訴え、ルーズベルト大統領との確執が生まれるが、開戦後はパイロットとして南太平洋に派遣、日本軍の零戦とも戦う。1974年、72歳でマウイ島で逝去
新庄 哲夫 (シンジョウ テツオ)  
1921年、米サンフランシスコ生まれ。東京新聞勤務を経て英米文学翻訳家に。2006年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)