• 本

靈獣が運ぶアジアの山車 この世とあの世を結ぶもの

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所シンポジウムシリーズ

出版社名 工作舎
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-87502-474-3
4-87502-474-6
税込価格 3,520円
頁数・縦 305P 21cm

商品内容

要旨

水上を滑り、地を曳き、空を舞う。祭りの舟山車、死者を送る葬儀山車。靈獣を冠するアジアの山車の多様な意匠にやどる物語をひも解く。

目次

第1部 送る舟・飾る舟―アジア「舟山車」の多様性(仏像を運ぶ黄金の靈鳥船―ミャンマーのカラウェー船
豊穣を招くナーガの舟山車―タイのチャク・プラ祭
多頭のナーガが乱舞する―スラーターニーのチャク・プラ祭
鳥(ガルーダ)と蛇(ナーガ)のシンボリズム―動物信仰とタイの伝統文化
ラオスのナーガ信仰
山里をゆくオフネ―信仰の舟山車の源流
舟の祭り、船の魂
龍の船・鳥の船―浄土の夢運ぶ中国・日本の舟山車)
第2部 「魂を運ぶ」聖獣の山車(空飛ぶ魂の「宇宙塔」―バリ島の葬儀山車
「象+鳥」の力で飛翔する―タイの葬儀山車)

著者紹介

杉浦 康平 (スギウラ コウヘイ)  
アジアンデザイン研究所所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)