• 本

ルポニッポン絶望工場

講談社+α新書 737−1C

出版社名 講談社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-06-272956-7
4-06-272956-3
税込価格 924円
頁数・縦 189P 18cm

商品内容

要旨

外国人犯罪者の1/4がベトナム人、“奴隷労働”が支える新聞配達、日本語学校によるボッタクリ、犯罪都市「NY化」する日本、日本への出稼ぎをやめた中国人―新聞・TVが報じない「現代の奴隷労働」

目次

第1章 ベトナム人留学生という“現代の奴隷”
第2章 新聞・テレビが決して報じない「ブラック国家・日本」
第3章 日本への出稼ぎをやめた中国人
第4章 外国人介護士の受け入れが失敗した理由
第5章 日本を見捨てる日系ブラジル人
第6章 犯罪集団化する「奴隷」たちの逆襲

おすすめコメント

新聞・テレビが決して報じない外国人留学生、実習生の真実。コンビニ弁当工場、新聞配達、宅配便仕分け、農業……日本人の便利な生活を末端で支える彼らが絶望し、謀反を起こす時、この国の生活基盤は崩壊する!

著者紹介

出井 康博 (イデイ ヤスヒロ)  
1965年、岡山県に生まれる。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒業。英字紙「ニッケイ・ウィークリー」記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)客員研究員を経て、フリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)